2013年01月21日

スペイン紀行 その11


本日はあいにくの雨。
いいや、これは恵みの雨。
スペイン旅行 第5日目である。

今日は一日アルハンブラ宮殿であるo(^_^)o

今回は街中からバスでアルハンブラ宮殿に向かう。
。。。前回きた時にはあったかな??

細い路地を走ること10分。
アルハンブラの入り口に到着した。
。。。こんな景色は見覚えがない??

そう、私が20年近く前にきた時は、ゴメス坂を徒歩で登り、
途中の入り口から入った記憶がある。
あれ?チケットは買ったかな。。。

しかし、今は完全に近代化されたチケット窓口と入り口。
隣には綺麗なお土産コーナーもある。
何やらガイドブックによると繁忙期は朝一でいかないと中に入れないこともあるとか。。。
今日は平日で小雨が降りお客もまばらだったので、それほど並ばずにチケットの購入ができた(^o^)

まずはアルハンブラ宮殿のお隣の庭を探索する。
雨もほぼ上がってきた。

。。。やはり、ここは見覚えがない。
前回も旅行では間違いなく来ていないところである(⌒-⌒; )
しかし、しっかりと手入れがされていて綺麗な庭園であった。
そして、遠くに眺める街の景色は非常に素敵であった。

その後、いよいよアルハンブラ宮殿へ。

感無量o(^▽^)o

ものすごいの一言である。

以前来た時には、ここまでの感動は無かった。
というのも、建物云々以上に、アルハンブラにいる自分に酔っていた。

しかし、今回は違う。
建物の装飾、とくに壁に施された細かい模様に魅了された( ゚д゚)

どれだけの時間と人が関わったのだろう。。。
悠久の時の流れを感じる。

そんな感覚の中ゆっくりとアルハンブラ宮殿を堪能した。
本当に素晴らしい時間であった。

その後市街に戻り、遅めの昼食で、なぜかドネルケバブ(⌒-⌒; )
街をふらふらと。。。

そして、いよいよバルセロナへの夜行電車へである。
久々のグラナダは本当に良い時間であった。
posted by salida blog at 15:08| Comment(0) | スペイン旅行記

2012年12月25日

スペイン旅行 その10

セビージャからグラナダは電車で3時間ほど。
グラナダに着くと早速タクシーで宿に向かう。

そうそう、何を隠そう、グラナダは実は久々なのである。
というのも、最近はフラメンコの為にスペインにきていたので、
なかなかグラナダまで足をのばす機会がなかった。

しかし、今回はパッケージツアー。
何とツアーの行程で、明日のグラナダ発の夜行電車でバルセロナに行くのだ。
ということで、久々のグラナダを満喫である。

ホテルに到着すると、早速あの有名な
「洞窟フラメンコ」
の予約をする。

話ではよく聞くが、実は一度も行ったことがなかった。
なので、話の種に今回は行くことにした。

洞窟フラメンコはホテルまでバスがお迎えに来てくれて、
さらに、サグロモンテユダヤ人街をの観光ツアーがセットになっている。

バスに乗り込むとさっそくサグロモンテへ。
ユダヤ人街をバスで通り抜け、丘の上にいくと、
ライトアップされたアルハンブラ宮殿が目の前に広がった。

。。。本当に美しい(^-^)

そう、この街はアルハンブラ宮殿のある街。
この景色を見て、あらためて実感と感動を得た。

その後は洞窟フラメンコである。
正面はネオンで装飾された建物。
中にはいると、ガイドブックに載っている細長いスペースが広がる。
壁には装飾として沢山の「おたま」が掛けられている。

ステージが始まる。
スペースの真ん中が踊るスペースとなっており、踊り手が手の届く位置にいる。
なかなか、ここまで間近でフラメンコを見る機会はないであろう。

ここは踊り云々というよりも、スペースの雰囲気をうまく利用して、うまくショーアップされている気がした。
また、街もこの洞窟フラメンコをバックアップしている雰囲気が感じられて、見事に商業となっていることに感銘を受けた。
いろいろと有名人もここを訪れているらしい。
やはり、なにをするにしても、周りのバックアップは本当に重要であると感じる(o^^o)
posted by salida blog at 21:29| Comment(0) | スペイン旅行記

2012年12月21日

スペイン旅行 その9

スペイン旅行 第4日目

今日はこの旅の3つめの目的である、買い物 (#^.^#)
というのも、新しく作った教室の内装でスペイン的なものが何もない ^_^;
そんなわけで、スタジオの看板と、飾れるものを物色に走る。

まずは、タイル屋さんに。
早速教室の看板、トイレ等の表示等を購入。

そして、普通のお土産やでは、
フラメンコ人形、フラメンコマグネット、お土産用アバニコ等を購入。
あ、フェリア(春祭り)のポスター、フラメンコ衣装風エプロンも購入。

そして、衣装の店舗街を散策する。
実はマドリッドで衣装ズボンを購入したので、ぜひセビージャではシャツを買おうと画策していたのだ。
。。。しかし、思ったようなシャツはなかった。

嫁の付き合いで、女性ものの衣装屋さんもはしごをした。

やはり、本場セビージャ(o^^o)
衣装を売っている店がたくさん並んでいる。

お店それぞれで、衣装の飾ってある雰囲気も違い、
ウィンドウショッピングをしておるだけでも楽しい(≧∇≦)

??しかし、今の時期は閑散期のためだろうか、バーゲンセールをしている店が多い。
普通の衣装が、150ユーロくらいで買えるのだ!!

さすが本場〜
そんな訳で、嫁が衣装を一着買って、私は。。。荷物持ち。。。重い。。。
ああ、これが大変なのね〜

やはり、試着などをしていると、あっという間に時間がたち、電車の時間時間となる。
目的もしっかりと果たして、16:00のグラナダ行きの電車に乗り込んだ。

アディオス、セビージャ
アスタ ルエゴ!
posted by salida blog at 14:35| Comment(0) | スペイン旅行記